シロアリ駆除、害虫駆除、お庭のお手入れ、耐震補強、リフォームなら、アピアにおまかせください。

耐震・リフォームコラム

        



  

   みなさま、こんにちは!まだ夏は先なのにすでに暑い日が続いていますね。いかがお過ごしですか。
   さて、先日お客様からお問い合わせをいただきました。「トイレのドアを内開きから外開きにできないですか?」と言う内容でした。詳しくお話をお伺いすると、「トイレで倒れるなどのもしもの事があった時、室内側に開く内開きドアの場合、体がドアの開け閉めの障害になって救助に困るから。」とのことでした。現在のバリアフリー住宅の思想の中では、トイレのような狭いスペースには、外側に開く外開きドア、あるいは片引き戸などが好ましいとなっています。35年以上前の住宅では、内開きドアはよくある事ですが、確かに、もしもの時を考えると命に係わる事なので日頃から気を付けておかないといけないことです。同じようにお風呂のドアも、浴室内に開くドアや引き違い戸が一般的な時代でした。リフォームで、タイルのお風呂からシステムバスへの改装を検討されている方もおられますが、システムバスのドアの考え方もトイレのドアと同じで、緊急時にはドアが外れて救助できる仕組みになっています。
   今回のお客様のお宅は、幸いにも建具屋さんが一からドアを作っていた為、ドアの内開きから外開きへの変更が出来ました。最近では既製品の建具が普及している為、今回の様な内開きから外開きへの対応が難しい場合も有ります。これからリフォームを行う時、ドアの種類や開き方を考えて設計することで、もしもの時に備えることができます。
   余談ですが、今回のリフォームでトイレのドアを内開きから外開きにすることで、トイレスリッパがドアにあたらなくなって、置き場所に困らなくなったというもう一つのメリットもありました!      
     

株式会社アピア
耐震・リフォーム事業
花本 和博
まずはお電話にて
ご相談ください。

TEL
ダスキン事業部
(福山市)0120-47-6464
      0120-37-6464
(岡山市)0120-05-6418
(三原市)0120-37-6464
(呉・東広島)
      0120-37-6464
耐震・リフォーム事業部
      0120-07-6054